新着情報ワークショップ・実演FUKUOKA Kogei Weekについてコラボレーション開催マップ福岡工芸品のご紹介 2018.3.2 Fri - 3.11 Sun

お気に入りの店で見つける福岡県の工芸品

FUKUOKA Kogei Week 福岡工芸品のご紹介

経済産業大臣指定伝統的工芸品

博多織

博多織工業組合
〒812-0023 福岡市博多区奈良屋町5-10
TEL. 092-409-5162

今年で伝来777年を迎えた博多織。中国の王朝・宋から、博多の商人が持ち帰った織の技法がルーツといわれています。多くの経糸に、緯糸を強く打ち込むことで厚く、張りのある生地に織り上がるのが大きな特徴で、昔から和服や浴衣の帯として愛され続けてきました。西陣、桐生と並ぶ日本三大帯地産地の一つです。

博多人形

博多人形商工業協同組合
〒812-0023 福岡市博多区奈良屋町4-16
TEL. 092-291-4114

博多人形は1600年ころに始まり、江戸時代後半に全国に流通するようになりました。明治には、パリなどの国際的な博覧会で高い評価を受け、日本を代表する人形として世界に知られました。明治時代からは海外の需要も高まり、現在でも、匠たちが様々な作風に挑戦しています。

久留米絣

久留米絣協同組合
〒830-0809 久留米市東合川5-8-5
TEL. 0942-44-3701

江戸後期1800年頃、井上伝(1788~1869)という女性により考案されました。特徴である絣模様は縦糸と横糸の模様部分を括って、藍で染め、白い部分を縦横合わせて柄を織り出します。素朴で暖かな風合いと絣模様の精巧さ、藍染めの美しさで親しまれ仕事着や普段着に使われましたが、最近ではおしゃれ着やネクタイなど幅広く使われています。

小石原焼

小石原焼陶器協同組合
〒838-1601 朝倉郡東峰村小石原730-9
TEL. 0946-74-2266

天和2(1682)年黒田藩主光之公が招いた伊万里の陶工が磁器を伝え、この地にあった高取焼と交流することで小石原焼ができました。飛びカンナ、刷毛目、櫛目、流しかけといった装飾技法が特徴で、古くから生活に役立つ「用の美」と追及してきました。民芸運動の推進者、柳宗悦、バーナード・リーチらによって紹介され、その名を高めました。

八女福島仏壇

八女福島仏壇仏具協同組合
〒834-0031 八女市大字本町2-123-2
TEL. 0943-24-3941

江戸時代後期の文政4(1821)年指物大工の遠渡三作が、夢で見た荘厳華麗な楼閣造りの仏壇の製造を志したのが始まりとされます。旧福島町(現八女市)を中心に作られ、九州の仏壇製造の源流となり、生産工程は徹底した分業体制になっています。細やかな手作りで漆塗りと純金箔を張り詰めた豪華さが特徴です。

福岡県知事指定特産民工芸品

博多曲物

博多曲物 玉樹
〒811-2205 糟屋郡志免町別府西2-2-16
TEL. 092-935-5056

応神天皇ご誕生の際、胞衣を収める木箱を作ったことに始まると伝えられています。薄く切った杉や桧をお湯で煮込み、材料が冷めないうちに一定の大きさに曲げ、木のはさみで止めていきます。板の端を桜の木の皮でとじ合わせて仕上げます。飯びつ、弁当箱など木の味わいを生かした生活用品として愛用されています。

きじ車

清水きじ車保存会
(みやま市環境経済部商工観光課内)
〒835-8601 みやま市瀬高町小川5
TEL. 0944-64-1523

きじ車は、九州を代表する木製玩具で、素朴な中にかわいらしさをたたえます。開運や縁結び・家庭円満への「道案内」をすると伝えられ、北原白秋の詩に詠まれたことで、全国に知られるようになりました。乾燥させた松や桐を材料に、くぎを使わずセン刀と呼ばれるナタ一本で形を整え、絵付けがほどこされます。

大川総桐箪笥

大川総桐箪笥振興会
(大川インテリア振興センター内)
〒831-0028 大川市大字郷原483-8
TEL. 0944-87-0035

筑後地方では、女児が生まれると嫁入り家具用として桐を植える家庭が多く、盛んに桐箪笥が生産されていました。木目の美しさ、高い防湿性、燃えにくいなどの特性を持ちます。厳選された柾目板を、木釘を使い、長年の経験と手先の感触を頼りに組み立てていきます。また、長い間使用した箪笥を新品同様に再生できるのも優れた特性です。

大川組子

大川組子振興会
(大川インテリア振興センター内)
〒831-0028 大川市大字郷原483-8
TEL. 0944-87-0035

組子とは、障子や襖、衝立などの建具を構成する細かい部材のことです。今から300年ほど前に始まったといわれる大川組子は釘を一切使わず、細かな部材を正三角形の枠に組み合わせていきます。すべてが手作りで根気のいる作業です。精密な紋様を編み出していくこの技術は、木工の町・大川ならではのものです。

八女すだれ

八女すだれ振興会
〒834-0114 八女郡広川町太田428
TEL. 0943-32-1141

入念に節と色を揃えた竹ひごを、職人が1本1本向きを変えるなどして織機に差し込み、丁寧に織り上げていく八女すだれ。奈良・平安時代、貴族がハレの日に来客をもてなすためにしつらえていた調度品・御簾(みす)にその流れを汲むといわます。八女産の竹を原料に、足踏み織機を用いねじり編みという技法で織られ、縁は手縫いといった特徴があります。

今宿人形

佐藤由美子
〒814-0133 福岡市城南区七隈4-12-8
TEL. 092-863-0824

博多人形の母体ともなった人形ともいわれています。明治38年に大橋清助が、今宿に工房を開いたのが始まりです。暮らしに結びついたものが多く、火災・盗難よけの「猿面」や「笹野才蔵」、「おたふく面」などがあります。現在、清助と2代目大橋重雄(しげお)が大切に使ってきた土型を引き継ぎ、重雄の姪が伝統を守り続けています。

その他

積層工芸ガラス

粋工房
〒811-3514 宗像市田野2331
TEL. 0940-62-0272

積層工芸ガラスは、性質の違ういろいろな色のガラスを幾層にも重ね合わせて作られており、見る角度によって色がさまざまに変化します。高い透明度、豊かな曲線、そして代々受け継がれる130種類もの鮮やかな色から生まれ、花瓶、置物、グラスなど、多くの種類が作られています。

高取焼

小石原焼陶器協同組合
〒838-1601 朝倉郡東峰村小石原730-9
TEL. 0946-74-2266

遠州七窯のひとつで、遠州高取の風格を今に伝え「綺麗さび」の世界を展開している高取焼。陶器ですが磁器のような薄さ・軽さが持ち味で、精密な工程、華麗な釉薬、繊細な生地味が大きな特徴。特に鉄・藁炭・木灰・長石を原料とし、微妙な調合で作られた釉薬を駆使して焼成される茶陶類は、気品に満ちあふれています。

一の瀬焼

丸田窯
〒839-1401 うきは市浮羽町朝田1133-2
TEL. 0943-77-2749

筑後地区の西方、うきは市浮羽町が誇る伝統工芸です。今から400年前、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した際、連れ帰った陶工たちによって開かれたのが始まりと言われています。近世は、久留米藩の御用窯となっていましたが、明治維新の際しばらく廃窯となり、昭和34年に再興し、現在6件の窯元がそれぞれ独自の陶風で親しまれています。

●経済産業大臣指定伝統的工芸品とは、経済産業大臣によって定められた要件を持つ工芸品に与えられます。
●福岡県知事指定特産民工芸品とは、福岡県で製造される郷土色が豊かで、一定の伝統性を有する工芸品・民芸品に与えられます。

TOP

FUKUOKA Kogei Week

CLOSE